世界最大の魚、ジンベエザメ Whale shark

アンガガのダイビングサービスが実施するワンデイトリップでは、世界最大の魚、ジンベエザメを見ることができます。場所はジンベイ遭遇率の高いアリ環礁のマーミギリベル。

世界最大の魚、ジンベエザメ

捕食中のジンベエザメ
ジンベエザメの食べ物は

サメと聞くと、怖いイメージをもつ人も多いですが、ジンベエザメの主食はプランクトン。海面近くで大きな口を開けてプランクトンや小魚を海水と一緒に飲み込み、体外に海水だけを排出するという摂食方法のようです。

大きな尾びれを大きく動かしながら、泳ぐジンベエザメ。サメに触ることは禁止されていますので、写真を撮る時など尾びれの動きを観察しながらぶつからないようにしましょう。
大きな背びれ、尾びれに注意
ジンベエザメ背びれ
泳ぐジンベエザメ
ジンベエザメと泳ぐ

この捕食活動は15分くらい続きました。

つぶらな瞳で、周囲の様子をうかがいながら泳ぐ。個人的な感想ですが、ジンベイザメは周りに気を配りながら、人にぶつからないように泳いでいるようにも見えました。
やさしい?
Whale_shark

国内では美ら海水族館横浜・八景島シーパラダイスなどで見ることができます
日本で見れるジンベイザメは?
沖縄 ちゅら海水族館

コメントは受け付けていません。