ゴルドで迎える、朝 Gordes Morning

静かな朝を迎える、ゴルド村
丘の上に城が建てられたのは11世紀頃。城をとりまくように石造りの家が立ち並ぶ。
「フランスの最も美しい村」に認定されているゴルド(Gordes)
ゴルドで迎える朝


南仏のまぶしい太陽が昇ってくる1年のうち300日は晴天だと言う。
ゴルドの朝日


ゴルドのふもとに広がる、リュベロン地方の田園風景
リュベロン地方の田園風景

ゴルド村の詳細はこちら
また、この村の近くには石だけを積み上げて建てた「石の家」で有名なボリーの集落がある。

コメントは受け付けていません。