空に浮かぶ村、ゴルド(Gordes)

「フランスの最も美しい村」にも認定されているゴルド(Gordes)。
山地頂上の教会をとりまくように、16世紀ルネッサンス時代の石造りの家が立ち並び、まるで空に浮かぶ城のよう。 山の下の広大な台地には、リュベロン地方の田園風景が延々と続き、南フランスの原風景を楽しむことができる。
gordes

ゴルド(Gordes)で過ごす夏休み
リュベロン地方の中でも最も素晴らしい眺めと言われているゴルド(Gordes)。そのため、夏はヨーロッパ各地から観光客がヴァカンスで訪れる。
ゴルドでの夏休み

Gordesの頂上付近



石畳の坂道を上りきると、16世紀に建てられたルネッサンス様式の ゴルド城が見えてくる。ほかレストランやカフェ、お土産屋などが立ち並ぶ。


丘の上のレストランの右に見えるのはブドウの木。ちょうど収穫時期のようでした。この付近においしいベーカリーもあります。
頂上のレストラン

ゴルドに住むネコ

ゴルドの猫



この街にはネコがたくさん住んでいました。




この先には、広大なリュベロン地方の田園を見渡せる場所が待っています。坂を降りる途中でみな足を止め、景色を楽しむ。
石畳の坂道を歩く女の子

自転車で移動する人達



ヴァカンスを自転車で楽しむヨーロッパの人々。ゴルドに来る前にもラベンダー畑を快走する人達を見かけました。


2階に見えるのはカフェ。リュベロン地方を見渡せる特等席。
ゴルドのカフェ
2階からは絶景が見える


新聞を読みながらくつろぐ人々。ここのオープンカフェは小さなテーブルが4つほど。どこの席からでも絶景が見渡せます。ゴルドの丘からはこの広大なリュベロン地方の田園風景が見える。


ゴルドはシャガールなどの現代画家たちがヴァカンスを過ごしたということでも知られている。
リュべロン地方の景色

gordesの街並み
gordes11gordes10

ゴルド近くのオススメホテル



ゴルド近くのセナンク修道院(Sénanque) 。夏には一面ラベンダーが咲き誇り、見事な景観を楽しむことができる。
7月上旬にラベンダーが咲く

Sénanque_niceview

ゴルドの夜景 まるでおとぎの国に迷い込んだよう
夕方から夜にかけて、時を刻むごとに幻想的な雰囲気になる。
また、ゴルドで迎える朝の風景はこちら

ゴルドへのアクセス
【陸路】アヴィニヨンから車で約1時間。

ゴルドへ行ってみたいけど、どうやって行けばいいか?と悩まれている方は
>>> こちらをクリック

ゴルド周辺のプロヴァンス地方の廻り方
>>> こちらをクリック

ゴルド旅行に役立つ本
書店では購入できない「CREA Traveller」や「フランスの旅」「フィガロ ジャポン」などのバックナンバー
>>> こちらをクリック
ホテルを探す
>>> ゴルドのホテル一覧

南フランス、リュベロン地方。

b_simple_64_4L

プロヴァンス地方の村

コメントは受け付けていません。