モルディブの人気ダイビングスポット フィッシュヘッド(FishHead)

モルディブの中でもトップレベルの魚群を誇るポイントがフィッシュヘッド。ダイビングサファリでも廻るポイントになっているという。ここのポイント名の由来は、魚を釣っても引き上げるまでに他の魚に食べられてしまい、姿が見えた時には頭だけになってしまう・・・ということから名前が付いたようで、それほど魚影が濃い海なのだ。ナポレオン遭遇率も高く、いざ潜ってみると、ナポレオンのほかに、ウメイロモドキ、ヨスジフエダイ、ロウニンアジ、カスミアジ、タイマイ、などを見ることができた。

メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)
眼鏡をかけているように見えることから、メガネモチノウオと呼ばれる。
Cheilinusundulatus

青と黄色のラインが鮮やかなウメイロモドキ。
fishheadfish

ヨスジフエダイ
暗色に縁取られた4本の青色の縦帯がああることからヨスジフエダイと呼ばれる。Lutjanuskasmira

タイマイ
モルディブ以外の生息地 インドネシア、セーシェルなど。Eretmochelys imbricata

フィッシュヘッド(アリ環礁)に行くには・・・

近くのリゾート
エライドゥ、ヴェリドゥ、バタラ、マヤフシなど。

ダイビングサファリ

モルディブでのダイビングのイメージ
モルディブでのダイビングを体感するコンテンツ・・・ >>>
モルディブでダイビングdiving

コメントは受け付けていません。